Van Gogh Europe Foundation

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853 – 1890)は、世界で最も愛されている画家の一人です。の絵画、描画、手紙は、あらゆる年齢の人々に影響を与えています。 また、その作品は世界中の多くの美術館で賞賛されています。 この画家が暮らし働いた多くの場所は、オランダからフランス南部に至るまで訪れることができます。 オランダ、ベルギー、フランスのおよそ25の組織美術館が、ゴッホ・ヨーロッパという名の下で一つの力となりました。彼らは団結して積極的にファン・ゴッホの遺産を維持し、促進することに携わっています。

ファン・ゴッホ・ヨーロッパの使命

ファン・ゴッホ・ヨーロッパ財団は、ゆかりのあるヨーロッパ各地の協力を得て、フィンセント・ファン・ゴッホの人生と作品に関するコレクションのネットワークを設立しました。ゴッホの文化的遺産を多くの人々に紹介し、インスピレーションを与え、関心を高め、現在の世代と未来の世代を繋げることを目的としています。

財団の評議員会は、理事の

Milou Halbesma(ゴッホ美術館、広報担当ディレクター)、会計の
Elisabeth Boelrijk(クレラー・ミュラー美術館、マーケティング&事業開発担当ディレクター)、書記の
Anne-Sophie Foron(フィンセント・ヴァン・ゴッホ財団(アルル)、ビジター部門&コミュニケーション責任者)および、
評議員の
Livia Wang(ファン・ゴッホ・ハウス(ロンドン)、クリエイティブディレクター)
Philippe Goninet(サン=レミ=ド=プロヴァンス、観光局長)
Natacha Vandenberghe(モンス、文化観光担当ディレクター)から構成されています

KM103.101 600 600

General questions about Van Gogh Europe:
Sarah Dekker, Projectmanager Van Gogh Europe
email: s.dekker@vangoghmuseum.nl

トップに戻ります